MORISAMA

ライタ~ 書きモノおまかせあれぇ

ネイルってすげーな

ネイルって、無駄じゃん。

全身のうちの数パーセントの面積しかない角質に色を塗って。

 

「男はネイルなんて見てない」って記事をよく見かけるけど、それなら女同士の女子力バトルのアイテムなのだとすると、私はそんなコロシアムに登りたくもない。そして結局、「他人がどうこうじゃなくて、自分の満足のためにやってる」って言い出すじゃん。爪に色塗りすると、心が満たされるわけ?

 

まだ、「ポリッシュ」という昔ながらのネイルならわかる。塗ってからめっちゃ時間たたないと乾かないやつ。不便だけど、最低限100円均一でも売ってて経済的。イヤになったら除光液ですぐ取れる。

 

けど、今ネイルの主流は「ジェルネイル」。ネイルサロンで塗ってもらって、謎の機械に手を突っ込んで、その場でガチガチに固まるやつ。小学生のときに流行った「ぷっくりシール」を彷彿とさせるし、なんか鼻につく。でも、現状ネイルサロンでは私の好きなポリッシュはメニューのめっちゃ下のほうにあって、肩身を狭そうにしている。

 

ジェルの料金の相場は両手で8000円ほど。ポリッシュと違って取れるのをさほど気にせず生活できるけど、自分で自由に取れないから、1ヶ月くらいしたらまたサロンに行って金かけて取ってもらわなきゃいけない。

無駄じゃん、無駄の極みじゃん。それ、無駄遣いっていうんだよ。

 

とある、着飾る必要のある用事があって、とりあえず何かしとこうと思って、ネイルサロンに行った。

 

「なんか、かっこいいかんじにしたいです」

真剣に私の角質にのめり込む、ネイリストのお姉さん。まず片手に処置を施してもらい、確認する。

 

か、かっこいい……

 

私はあろうことか、自分の爪に釘付けになってしまった。文明発達の産物を初めて見るサルのように、さまざまさ角度からじっくり見てしまう。うっとり、ぼんやり、上の空。

 

そして、ジェルはポリッシュと違って少しぷっくりしてて、めちゃくちゃツヤツヤで、乱暴に扱っても(笑)跡とか付かない。 その、「外界に負けない」感も、よい。

ちなみにこの「乱暴に扱っても大丈夫か」はわたしにとって結構大切な基準で、カバンとか買うときも、「ぶん投げたりふんづけたりしても大丈夫」と思えるものを選んでいる。

 

ネイルが完成して、店を出た私は爪に見惚れながら歩いた。歩きスマホならぬ、歩きネイルだ。腹ぺこだったので、カフェに入った。メニューを手に取る、私の指先綺麗だわぁ〜!コップを持つ、私の指先綺麗だわぁ〜!!

 

サロンに行く前と後の私では、爪先ひとつしか違わないのに、急に、めちゃくちゃかっこいい人になった気がしてしまう。爪からほとばしるエネルギーがすごい。

 

これは…すごい。ジェルネイルの魔力、すごい。

 

https://youtu.be/DFTt97An0Tw