MORISAMA

ライタ~ 書きモノおまかせあれぇ

DJ社長は「好きなことをして生きて」ない?

ちょっと鮮度の古いネタなんですけど。

DJ社長をご存知ない方は、これでサクッと分かるはず

http://kozy2525.hatenablog.com/entry/2018/02/16/150000

 

本題です。

幼い頃から、どの病院も対応できない不治の病を持っているというDJ社長。

f:id:ich345:20190204130849j:image

私も同じ病をずっと抱えているので、DJ社長のこの動画を見て、単純にも感化された。

https://www.youtube.com/watch?v=PPnbEiXSYM8

そう、私も「好きなことをして生きていきたい」。

 

バカみたいな動画をあげ、女卑の甚だしい歌をつくり、お酒を浴びてウェイウェイ豪遊している印象を受ける「レペゼン地球」。

 

しかし、実は数千万円の借金を背負ったことから、数々の艱難辛苦を越えてきた (恐らく現在進行形) 苦労人であり、そのための奇行でもあるのだと分かると、途端に彼らを見る目が変わる。

 

https://m.youtube.com/watch?feature=youtu.be&v=PPnbEiXSYM8

↑この動画に彼の人生が詰まっているのだが、

・無事社長になりバーを数店舗経営するも、事業が軌道に乗ったときに詐欺師に騙され無一文になる

・自分ひとりが貧乏だったときとは違い、従業員を抱えているので給料を払わないといけない

・毎日、借金の返済で鳴り止まない電話

・電気ガス水道の止まった暗い部屋で過ごす

・家賃も払えなくなり、ホームレス化。友人の家を転々とする

・借金を返すために借金をする

・その弱みにつけこんでまた詐欺師が湧いて来る

など、生々しい「借金地獄」の様子を軽快に語る。

 

この時とても印象的なのが、

f:id:ich345:20190204221935j:image

と思って社長業に就いた彼が、社長を

務めることで

f:id:ich345:20190204221244j:image

f:id:ich345:20190204221958j:image

f:id:ich345:20190204222002j:image

f:id:ich345:20190204222006j:image

このように、社長としての責任を果たすために、頭を下げまくっていたという。かつて、ただの悪ガキだった彼は、もういない。

 

莫大な借金の返済に奮闘するも、なかなかうまくいかない中で、ある出来事を通して

・影響力はお金になる

・影響力は知名度をあげると高められる

 

ということに気づき、

・何かお金を作り出すスキルがないかと考えたところ、「たまたま昔DJしていたから」活動を始めた

・とにかく知名度をあげるために、クラブのオーガナイザーにアポしまくってイベントに出してもらう

・曲をほとんど流さずひたすらマイクパフォーマンスをする

・やっと曲を流したと思ったら「ちびまるこちゃん」

・呼ばれれば全国各地のイベントに足を運ぶが、お金がないため移動は主にヒッチハイクや格安夜行バス、寝泊まりはクラブや路上

という生活を送ったという。

 

クラブでそうした奇行をすることで、もちろん関係者にはキレられ、周囲からバカにされ、めちゃくちゃ叩かれたという。けれど、彼はそんなことを言っている場合ではない。「ちびまるこちゃん流してたあのクソDJ誰だよ」、と人に知られることが目的だったから。

 

今のレペゼン地球の曲群を聞いてみると、素敵な曲もしっかり作っていて、決してカッコいい音楽を知らないわけではなさそうだ。なのに、カッコよくありたいというプライドを捨てて、奇をてらうことに徹した彼には頭が上がらない。

 

f:id:ich345:20190204131131j:image

f:id:ich345:20190204131135j:image

f:id:ich345:20190204131140j:image

好きなことをして生きよう、と最後に呼びかける彼だが、ここまで見てみると

「好きなことして生きられてないじゃんw」という感想に行き着く。

 

実際、検索をしてみると、この動画に対して「DJ社長は好きなことをして生きられていない」といった記事やコメントが散見された。

 

私も、「なんだー、結局好きなことして生きられてないじゃん」と思ったが、彼があんなにも生き生きしているのは何故だろう。

 

もしかしたら、私たちが思う「DJ社長の好きなこと」と、彼自身が考えている「好きなこと」は、違うことなのではないだろうか。

 

そもそも、彼は何になりたかったのかを振り返ると、「お金持ちになりたい、遅刻して上司に怒られたり人に使われるのが嫌だから、社長になりたい」ということである。

f:id:ich345:20190204131622j:image

f:id:ich345:20190204131627j:image

f:id:ich345:20190204131632j:image

f:id:ich345:20190204131637j:image

f:id:ich345:20190204131641j:image

f:id:ich345:20190204131648j:image

f:id:ich345:20190204131653j:image

f:id:ich345:20190204131658j:image

f:id:ich345:20190204131707j:image

現在の彼は、いくら借金があろうが、大好きではないDJをしていようが、自己プロデュースをして、組織や上司には縛られない生活をしている。

 

お金持ちになりたい卍という願いは現時点では叶えられていないものの、彼の「社長になりたい」という思いの根底にある「人に使われたくない」という生理的な願いを、どんな形であれしっかり実現している。

 

もしかしたら、彼にとって、莫大な借金を背負って貧困生活を送るよりも、会社の歯車になって上司にへこへこし、毎日同じ時刻に出勤するほうが、つらいのではないだろうか。

 

だから、DJ社長は立派に、「好きなことをして生きている」と思う。

 

#レペゼン地球