一杯目で「カルーアミルク♥」=ぶりっこという風潮に物申す

自分はカルーアミルクが大好きだ。極甘党なので、カルピスの原液やキャラメルソースなど、ちょっと舌が痛くなる、しょっぱいくらいの甘さが大好きだ。自然な流れで、カルーアミルクが好きになった。

しかし、この国にはカルーアミルクを頼むと「カワイイ~(真顔)」と言われる風潮がある。カルーアはコーヒー豆とさとうきび蒸留酒、アルコール20%というれっきとしたいかついお酒なのに、ぶりっこの象徴となっている。

自分は本当に、この風潮に不服だ。

本当は一杯目からカルーアミルクを飲みたいのに、ビールかウーロン茶が鉄板で、それからサワー系もまあまあ許されるのに、カルーアミルクと一杯目から言おうものならぶりっこ扱いだ。カルーアミルク=ぶりっこだろうか?

カルーアミルクが渋いお酒として認識される日が来ることを願う。

 

あとコンビニでカルーアミルクの缶を売りたい。

けど調べてみたら、かつてはカルーアミルクの缶も販売してたみたいだ。何でやめちゃったのかもうちょっと調べたい。

 

「ドイツ語ボーイズ&ガールズ」

http://line.me/S/sticker/1137852